FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ITバブルが崩壊したとき、当時の99%の人はネット株を売ったんです。

もっと下がる、と片っ端から売った。だから、ソフトバンクの株も100分の1に下がった。株主総会でもむちゃくちゃ言われました。
その時の株主総会。

全員、目が三角になっている。

会場に入るなり「ペテン師!」「うそつき!」「泥棒!」。

もうむちゃくちゃですよ。
それでも私は一生懸命に説明しました。

6時間だったか、おそらくソフトバンクの株主総会で最長です。

休憩なしでぶっ続けでやりました。

一人で全部受けて立った。
いっさい逸らさないで、真正面から答えた。

最後には非難囂々(ごうごう)だった何千人かのうち、3分の1以上の人がハンカチを出して泣いていました。

それは総会の最後に、一人のおばあさんの発言があったからなんです。

「私は主人の遺してくれた退職金の1000万円全部でソフトバンクの株を買いました。

それは孫さん、あなたの夢を信じたから、あなたのその夢と志を信じたからです。
遺産すべてを注ぎ込んで、1000万円が10万円になってしまった。

だけど、私に悔いはありません。

今日、あなたの話を直接聞いて、あなたの夢に賭けてよかったと、心から思いました。

信じていますから頑張ってください」たまりませんでした。

その方の姿がいまでも目に焼きついて離れないんです。
先日発表した「新30年ビジョン」で、ソフトバンクの時価総額を30年以内に200兆円にすると言いましたね。あれ、本気なんです。

そのエネルギーがどこから来てると思いますか。

おばあさんのあの言葉が、僕は忘れられいないんです。
あの方がいまどこにおられるかわかりませんが、ご健康であれば、絶対に、信じていただいたその思いを裏切りたくない。

ピークで買った人がもし株を売らずに持ち続けていただいたならば、10倍にして返してみせるぞという思いがある。

信じてくださった人を裏切らない、お返ししたいという思いがあるんですね。

論語の中に、「信なくば立たず」という言葉があります。

孔子は、政治を行う上で、最も大切なものは、「信」だと言いました。

国民に政治への信頼がなくなったら、国家は成り立たないということです。
信頼が必要なのは、国家だけではありません。

会社でも、家庭も、友人でも、最も大切なのは、信頼です。

お互いに、疑心暗鬼で、不信感があるなら、いつ裏切られ、寝首を掻(か)かれるかと、心配で夜も寝ることが出来ません。
「あなたを信じていますから頑張って!」

絶望の底にあっても、全幅の信頼を寄せる人が一人でもいてくれたら、生きていけます。

『孫正義 リーダーのための意思決定の極意』光文社新書より。山本敏幸
2013.03.08 Fri l 考え l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kdpyamamoto.blog104.fc2.com/tb.php/1335-a851accd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。