上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
「メラビアンの法則」というものがあります。

これは1971年にアメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱したもので、対面したコミュニケーションには言葉、声、態度という3つの要素があるが、好意や反感をしめす際、言葉で話していることと声や態度に矛盾があると、人は声や態度のほうを信用する割合が高いという法則だ。
要するに、「君は本当にすごいよ」と言葉ではほめていても、相手の顔を見なかったり、投げやりな口調だったり、あるいは言葉では叱りながらもニヤニヤ笑っていたりすると、言葉より態度の方を信用して、「本当はそんなこと思っていないな」と感じてしまうことが多いということである。
ちなみにこうした場合、言葉を信用する割合は7%しかなく、声や話し方のほうを信用する割合が38%、表情や態度のほうを信用する割合は55%とされている。
つまり、好意や反感については、言葉よりも非言語的なコミュニケーションのほうが、強く印象づけられるということが明らかになっている。

まあ、当たり前のことではあるが、ほめるとき、叱るときは、言葉だけでなく声や態度もそれに伴ったものでなくてはならない。

相手に伝わるものは、話し方や口調、表情や態度と言った、非言語的なものが93%をしめるというのが、このメラビアンの法則です。
つまり、どんなに一所懸命相手に話をしようが、相手は、「言葉」や、「話の中身」などはほとんど聞いていない、ということになる。
居酒屋などで、注文を受けると、「喜んで!」などというところがあるが、本当に喜んでいるかどうかは、声のトーンや態度ですぐにわかってしまいます。

言葉ではなく、本当の気持ちは、口調や、態度に表れるものです。

空々しい言葉、中身のない言葉は、それがたとえ、どんなに名言であろうと、少しも相手の心に響きません。
『「法則」のトリセツ』徳間書店より。山本敏幸
2013.02.16 Sat l 考え l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kdpyamamoto.blog104.fc2.com/tb.php/1321-4c02a456
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。